180218茅野の家(3)

スキーを終えて山麓駅のレストランに来た悠太と唯はソフトクリームが食べたいと言った。お父さんは、二人がお気に入りの「グラスリーぺぱん」でジェラートを食べた方がいいのではなかと提案すると二人とも大喜びだった。この店は「尖石温泉 縄文の湯」のはす向かいにあり、いままで何度も立ち寄っている店。

e0385618_02450473.jpg


e0385618_02451262.jpg

この嬉しそうな顔。唯はなによりもアイスクリーム好き。

e0385618_02452228.jpg


e0385618_02453405.jpg

反抗的で生意気ばかり言うくせにたかがジェラートでこの顔。要するにまだ子ども。

e0385618_02454459.jpg

気温はマイナス、流石に「ぺぱん」の庭のベンチではジェラートを食べる気になれず、車の中で食べることにした。で、唯と悠太がジェラートを食べている間、1kmほど八ヶ岳方面に車を走らせてこの写真を撮った。前の日には茶色くなっていた八ヶ岳連峰が一夜にしてまた白く冠雪していた。

e0385618_02460512.jpg

八ヶ岳連峰の主峰赤岳。少しだけアップ。ちなみにお母さんは1度、お父さんは2度登頂している。お母さんと二人で歩いた際は、赤岳鉱泉→中山乗越→行者小屋→文三郎尾根→赤岳山頂→横岳→硫黄岳→夏沢峠→本沢温泉(宿泊)というコースだった。かなりゆっくり歩いたと言うこともあるが11時間掛かった。硫黄岳を超えたあたりから足が痛くなり、夏沢峠からの下りでは膝が痛くて辛かった。お母さんは半べそをかきながら歩いた。

e0385618_02461604.jpg

上の写真の反対側を撮ったもの。

e0385618_02462999.jpg

久しぶりに「尖石温泉 縄文の湯」に入った。お母さんは温泉好きだし、お父さんは必ずサウナに入るので、我が家の温泉入浴時間は1時間。悠太はいつも30分ほどで出るが、お父さんがお風呂から上がるとまた数学の勉強をしていた。これだけやるというのは面白からに他ならない。面白くないことを悠太が自発的にやると言うことはあり得ないから。

e0385618_02464194.jpg


e0385618_02464821.jpg


e0385618_02465713.jpg


[PR]
by Weekendphoto | 2018-02-18 20:00 | 茅野の家 | Comments(0)

家族で過ごしたひとときの記録


by Weekendphoto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31